記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読・精読報告&新社会人デビュー

こんにちは!いつもお世話になっております。

いつもブログへの訪問、たくさんの拍手、
本当にありがとうございます(*^-^*)


皆様の温かい声援にさせられ、
今の今まで色々なことを続けられています<(_ _)>

拙著(コチラ)に関するメール・個人的なメールやブログのコメント、お気軽にどうぞヽ( ・∀・)ノ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

shinsyakaijin_title2.png


2016年4月1日、社会人デビューしました!

社会貢献ができるよう頑張っていきます。


夢が叶い、一応私立の某進学校で教師をやらせてもらいます。





正直、不安しかないです(。>0<。)




なぜなら、「経験が無い」➕「専門性が足りない」




経験が無いというのは、学校で授業をしたのは、教育実習の2週間(教壇に立ったの)のみです。

こんな短期間でスキルを伸ばすのは不可能です。

当然、人間相手ですので、セオリー通りにいくわけが無いのです。

Aクラスで成功したことはBクラスでも成功するとは限らないので、とにかく経験が必要なのです。


おそらく、普通の会社は新人さんには研修があり、丁寧に教えてもらえます。


しかし、僕の場合は、いきなり授業を持たされ任せられます。


つまり、社会人1日目から「K先生」と大人にも生徒からも呼ばれるのです(; ̄ー ̄川 アセアセ



生徒を生かすも殺すも僕の双肩にかかっているのです。


つまり、僕が新人だからといって授業をこなせなければ、生徒は学力が身につかないで、高校受験や大学受や進級をしなくてはならないのです。



次に専門力。


単純に足りません。

周りの人はきっと思うでしょう。

TOEIC950点、準1級

英語そこそこには出来るでしょう。

はい、これ偏見です。


資格試験です。所詮は。


資格試験でその人の英語の能力は測れません。


英検1級でもSがダメな人もいるし、TOEICだったら満点持っててもSが「???」って人が多いです。
(今回はたまたまSをあげただけです。他意はありません。)


スコア・合格はその人のほんの一面でしかないのです。

僕に限って言えば、去年の師匠とのMAPをやるまでTOEIC945点、準1級持っていましたが、倒置・仮定法の省略知りませんでした!


誤訳の連発で、師匠を困らせましたw



一見、スコア等で見れば結構色々と知っているように判断できますが、実際はそんなことないんです!



英語を勉強し始めて、1年10ヶ月かな今。


この短時間で、英語を理解しきるなんて不可能なんです。


特に文法項目。


no more A then B と not more A than B の違いわかりませんでした。

He isn't a teacher.

He is not a teacher.

He is no teacher.


これもわかりませんでした。


文中で出てくれば、「この文が何を言いたいのか」は間違いなくわかるでしょう。なので答えにはたどり着け、スコアは取れるでしょう。


けど、そうじゃなくて、本当の意味で読み間違いをしないで読める



なぜこういう表現が使われているのか・作者の意図等・文法的正しい知識を理解して読める


例えば、こういうのも…。

僕が教授と精読した洋書の1文。


"Recent research has shown that a baby learns to recognise its mother's voice while it is still in the womb, probably from voice resonance through the mother's body. "



まあ、間違いなくこの記事を読んでくださっている多くの人はこの文意はわかるとおもいます。




けど、赤字の意図(面白さ)をわかるのは、「文意が取れる人数」ほどいないと思います。



僕が目指している・足りないと言っている感覚はまさにこんな感じです。


単純に表現される、英語力(数値上等の)だけでなく、専門性が伴う英語力を身に付けたいのです。


こういう感覚が敏感だったり、わかる人は、基本スコアも高いですヾ(☆o☆)

僕がいつも仲良くさせていただいている英語学習仲間のShala.師匠、Junさん、HBKさん、yuuki君は話をしているとこういうところを意識して調べたりしています。

(ね、みんなスコア高いでしょ?笑)




多読・精読を1日もサボらず5か月やってみたよー♪( ̄▽+ ̄*)

知識量は当然、5か月前より遥かにあるし、レベルも上がったのを感じます。

てか、半端ないくらい。

けど、まだ甘いんですよね。読みとか文法知識が。

なんで、仕事始まっても毎日Rを強化する今のトレーニングを続けることを約束します!


春休みの45日間で、約640時間勉強をしました!
おそらく、それ以上ですね。卒業式前までの計算(3月15日まで)。

卒業後も勉強しているので、おそらく前後しますが、英検に惨敗した数日後から(立ち直るまで日数が必要でしたw)、3月31日までで計算すると700時間は英語を読んだり、話したり、聞いたりしていた時間です。

この3技能はかなりやり込みました。


2016/04/01からは・・・


⑴ 教師だからと言って生徒を上から目線で接しない。

→常に同じ目線で考え行動する。

⑵ 専門性の追求。

→毎日勉強や研究をする。忙しい、疲れたを言い訳にしない。
常に学び続ける教師である。

⑶ 早寝早起き

→Junさんがモデル(●´ω`●)ゞエヘヘ
早朝勉強をしてから学校へ行く!





以上、決意表明として実行していきます!


今後とも温かく見守ってくださると嬉しいです。


宜しくお願い致します。



K
スポンサーサイト

コメント

むむむ…

⑴ …だからと言って生徒を上から目線で接しない。
→常に同じ目線で考え行動する。

おぬしできるな! 100%なっとく!!
(「JRC-SA の上から目線男」より)

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

K

Author:K
【著書】


【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、コツコツ勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく気が向いたときに受験をしている程度です。

数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
※更新頻度が激減しました…。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。