記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文解釈4冊終了!

こんにちは!いつもお世話になっております。

ブログへの訪問、たくさんの拍手、
本当にありがとうございます!!


皆様の温かい声援にさせられ、今の今まで色々なことを続けられています<(_ _)>



【拙著】


【執筆協力】


私立
英語教師
石ヶ谷 洸大



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

明日で、部活の合宿も終わり、いわゆる「仕事納め」となります。

とうぜん、家での仕事はありますが(汗)




12月の1週目に買い漁った、英文解釈4冊完了しました!

まだ数冊残っていますが、とりあえずは一旦ストップ。

やったのは以下の参考書たちです~
(順番は解いた順)


















正直、難易度的には最後の透視図が難しく感じました。

もちろん、人によっては違うのだろうと思いますが・・・。


参考までに、もし4冊に挑戦するならこの順番がいいのかな、と思います。

英文解釈の技術



ライジング



ポレポレ



透視図

極端にレベルの差があるという訳ではないと思いますんで、どれをさきにやってもいいと思います。



これ、一応大学入試用なんですよね(難関大学だけど)。

これを理解する高校生、マジで凄いと思う。

このレベルの高校生を教える教員って相当出来ないと、立場が逆転する現象が起こりそう。

いや、僕の予想だと、完全に逆転現象は起きていそう。


教員のレベルが低ければ、生徒の力は伸ばせないと思う。

僕のレベルが上がれば上がるほど、よりレベルの高い生徒を育てられると思うので、今は毎日コツコツ英語力を伸ばすことを目標にしています。




やっと、心の準備と自信が付き、そして勇気を出して専門書を読み始めました。

日本語で読もうと思ったけど、英語で読んでいます。

もちろん、専門書なので専門用語は出るけれど、基本語彙でわからないのは今のところはありません。

構造も、大学入試の英文解釈に比べれば優しいです。笑

ただ、文量が・・・

年末年始で500ページは読みたい。

んで、新学期と共に2冊目に入りたい。

2017年は「英語力」ではなく「専門力」を伸ばし、理解を深め、より生徒に幅広く、そして時には深く「伝えられる」ようになりたです。



精進します。


K









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

K

Author:K
【著書】


【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、コツコツ勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく気が向いたときに受験をしている程度です。

数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
※更新頻度が激減しました…。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。