記事一覧

英文解釈はすごい。

こんにちは!いつもお世話になっております。

ブログへの訪問、たくさんの拍手、
本当にありがとうございます!!


皆様の温かい声援にさせられ、今の今まで色々なことを続けられています<(_ _)>



【拙著】


【執筆協力】


私立
英語教師
石ヶ谷 洸大



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






2周目が終了。



英文解釈で僕個人的には、透視図が一番のお気にいり。


全ての問題が、難しく、勉強になった


生徒が受験でいいスコアを望むなら、僕がやった英文解釈本を必ず勧める。


でも1冊ではダメなんだな。


英文解釈をするなら、5冊くらいはやらないと。



1冊だけだと、知識をつめておわり。



全く使えない。


2冊


3冊


4冊


5冊・・・


と、本を進めるたびに既知の情報を使って解釈しようと、無意識レベルでなる。


つまり、英文を読む時の選択肢が増えるということ。


このくらいになるまで、英文解釈本を何冊もやらないと。


レベルは自分に合わせればいい。


僕がブログで取り上げたのは、割と難しいのばかりだと思う。


なので、タイトルに「基礎」とか書かれている解釈本を2~3冊やれば基礎はある程度固められる。


地道でめんどくさいけど、確実に力は伸びる。





K

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(学生)へ
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ


応援よろしくお願いします!

プロフィール

K

Author:K
【著書】

こちらにて発売中!
【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、その日からサボる事なく勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく、気が向いたときに受験をしている程度です。仕事以外の時間ではを大学受験、大学入試教材(英文解釈)、英文法書、専門書を解いたり、読んでいます。スピーキングは社会人になってからはALTの先生に細かい文法や発音を直してもらっています。数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級(2016:1回目)
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K