記事一覧

夏休み単語編②

11.jpg



久しぶりに好きな英語に1日中没頭することが出来ました(笑)



以前の更新で紹介しましたこちらの単語帳↓






眺めたり、例文読んだりして一日過ごしていました・・・💦



word list 20まで来ました~!(p122)






100%の精度で覚えた・能動語彙には出来ていません。



それは、数年かけてしていくことだと、自分の中で割り切っています。



今はまず、「知らない単語」を少しでも「見覚えのある単語」に変化させて意識的に復習をして「受動語彙」にしていくだけです。



「能動語彙」に変化させるには、意識して、そしてその単語に特定の興味があれば(単語の生息区域が正しく理解できれば)数日で能動語彙に出来るけど、やっぱり3ヵ月以上はかかります。










【英単語を覚える時のコツ~K流~】





1.王道は無し(覚悟)

→楽な方法はないし、時間がかかる事なので根気強く取り組む覚悟を持つ。
単語力が付いた時、爆発的に力が伸びる。


2.回数アタック

→1発で単語を覚える必要はない。
何回も何回もその単語を見て、音読して、例文見たりして覚える。
1つの単語を覚えようと時間をかけてしまったら、それ以外の単語と出会えないし、復習できない。


3.習得済みの英単語と繋げる

→点・点・点で覚えるのは労力がかかる。点を線で繋ぐイメージ。簡単な英単語(類語)と繋げる。


4.使う・(意図的に単語たちと)出会う

→S・Wで使う。正しく使えればOK。間違えて恥をかけば、さらに強く嫌な記憶として自分の中で残る。
多読・多聴をして、出会う機会を作ってあげる。出会った時に「あーなんだっけ・・・」と考え、思い出す努力をすると定着するし、文脈・ストーリーがあり当然それらは考え・思い出すことの手助けをしてくれる。また、定着する際に文脈・ストーリーと共に定着するから生息地まで抑えられる。


5.毎日、反復して復習する

→2と少し被るけど、定期的に復習をするのは当然。
同日中でも数時間後に頭の中で思い出してみるのも効果的・・・「どんな単語あったかなー」みたいに。
その『思い出す作業』をする時に役にたつのは【例文】。

復習をする時は、(例)51~100ではなくて1~100を復習する。
*仮に1日50個ずつのペースだとしたら。








1~5偉そうに書いてしまってすみません|ω・`)
以上が僕が気を付けていることを簡単にまとめてみました。
もちろん、王道なこともあるかと思います。


少しでも、みなさんの学習のヒントになれば嬉しいです!





K





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

K

Author:K
【著書】


【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、コツコツ勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく気が向いたときに受験をしている程度です。

数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
※更新頻度が激減しました…。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K