記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずはTOEIC(英語教員志望)

toeic.jpg




教員志望の方におススメしたいのは

TOEIC

このテストについては説明不要ですよね(笑)


(注意)
僕は

TOEIC高得点=英語が出来る 
TOEIC高得点=授業力がある

という受け止め方はしていません。(満点取っていないから偉そうなこと言えないけど)




けれども、英語の力を測るのには一つの指標にはなると思うし

基礎を身に付けるには、適したテストだと思います。




実際に現場で働き始めて、2年目になりました。

今年は責任ある立場をやらせて頂いております。



そんな僕が思う、新規採用の先生に求める英語力は


最低TOEIC
 L470 R400

です。


普通は、TOEIC〇〇点以上という書き方をすると思いますが、スコア別に書かせて頂きました。

この点数があれば、安心して授業をお願いできます。




Lを重視させて頂きました。

現場ではALTとのTTがあります。(週のコマ数は学校や科・コースで変わります。)

その時に、リアルに生徒の目の前でALTとのやり取りをしなくてはなりませんし、授業後に話をする時に相手の言っていることを理解しなくてはなりません。

おそらくL470点以上を取り続けられる力があれば、急にALTに話を振られても対応でき、生徒の前で恥は書かないと思います。

そして、英語で授業をして頂くにも、英語のストックがあるのとないのでは出来る様になるまでの期間が異なると思っています、

今は英語が話せないとしても、聞き取れて意味が理解できるということは、その英文を生成するだけのポテンシャルはあるということ。

あとは、経験を積めば、瞬間的に英文を生成できます。






Rは低めの400点

普通の英文には設問ありませんし、時間制限もありません。わからなければ、辞書引けばいいんです。




英語が分らなくても、「指導マニュアル」がありますので授業は出来ます!


けれど、「教科書教える」「教科書教える」似ているけど、全く違う。


教科書に書いてあることを教えても、意味がない。

だって、生徒も教科書を持っていますし

僕も驚きましたが、指導マニュアルに似た「解説書」を生徒はもっています。

そこに書いてあることを教えたって、生徒は授業を受ける意味がありません。


R400点以上があれば、自分で調べる術を持っていると思います。

例えば、

pick me up

*pick up me

pick up K


なぜ、pick up meはダメなの?


教科書のマニュアルには書いていません。


生徒に「暗記しろよー」だけでは横暴です(笑)

ちゃんと、理由があるんですから。


こういったことも、大変かもしれませんがR400点以上あれば、文献は読めると思います。


僕の最高点はR470点ですので、TOEICテストの長文で読めていると思っているのに誤答を選んでいるのが数問あるということです。。。(春頃ノー勉で受けた時のスコア)





将来、学部卒で中・高で英語の先生をやりたい方

1つの目標スコアにして、現場に来てください!

そして、活躍してください!







K

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

K

Author:K
【著書】


【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、コツコツ勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく気が向いたときに受験をしている程度です。

数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
※更新頻度が激減しました…。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。