記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の学習の中での気付き・・・[Part7攻略]

こんにちはKです。
いつもお世話になっております。

更新が遅くなり申し訳ないです。




日々の学習の中で最近は気づくことが多いです。

特に、驚いたことは「別の視点から改めて解くと、同じ問題でもまた吸収できます。」

またなぜこういう事に気づけたかと言うとこの記事がきっかけです。
Rabbitさんのブログ

今まで「設問」に対して気を配った事がありませんでしたので物凄く新鮮に感じました(*'▽')

そして、Tommyさんが言うとうり『毎回の試験に発見・気付き』がありました。


例えば・・・

『正しく意味が理解できていないのに理解したつもりになっている』
『無意識のレベルで、読み飛ばしている』




つまり、大切な事は・・・・

『単に解くのではなく、根拠を抑えずつ、丁寧に読み解く事』

『自分の型を作り上げる』



HUMMERさんの全力特急などを見たことがある、もしくは実践している方もいらっしゃると思います。

ですが・・・ハッキリ申し上げます!

あくまでもHUMMER式はHUMMERさんが考案した方法です。

もちろんHUMMERさんにとっては1番合っている解法だと思います。 

しかし、その方法がどんなに良いメソッドでも万人にとって『合っている・有効』イイとは言えません。
※合う方は良いと思います。

つまり、その素晴らしいメソッドが合わなかった時に、自分好みに改良出来るかがポイントです。


今から僕が考案!?(世に出てるか分かりませんが。。。)したモノを紹介します。
もし、ご自分に合うようでしたら使ってやってください。



もし、合わないようでしたら『何が合わない部分なのか、何がやりにくいのか』考え、『どうやれば自分に合うのか』考えて考え抜いてください。


悩んでいる=考えている は成り立たないと思います。




では僕が考えた、part7の解法です。
ちなみに、頂上制覇というpart7のTESTを受けたところTEST1は28問しか正解出来ませんでしたが、TEST2は44問正解出来ました。

しかし、まだマスター出来ていないので時間ギリギリです。むしろ間に合わないかもしれませんので・・・
力をつける必要があると思います。




**********************************************************.******************************************
********************.*******************************************************.********************************************************.***********************.
*******************************.******************************************************.**********.

153 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.


154 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.

説明する前に、基本的な情報の確認です。
一概には言えませんが、Part7の最初は短く、読みやすい問題だと思います。
そして、このぐらいの文量は普通に解いて良いと思います。
→コレは間違えてはいけない問題の一つです。

そして、 『言いかえの状態になっている。』 


ぼくだったらこの場合上記の順番で解きます。

①設問に目を通す
→イメージ化出来ればする。少なくとも理解してから②に移る。

②本文をある程度読み、理解する。
→本文を読んで、設問に対する答えと思ったらストップ。

③選択肢を読む
→答えの確認をする。




しかし、以下のような場合はどうでしょう? 



  **********************************************************.*********************************************************************************************************************.********************************************************. *********************************************************************************. ②’*********************************************************************. ****************************************************. *******************************************************************************************************************  
  
 ******************. *****************************************************************************************************. *******************************************************************************  
  ******************************************************************************************************************. *****************************************************************************. ********************************************************.*********************************************************************************. **********************************************************************   
  ***********************************************.**********************. **********************************. *********************************************************************************.*******************************************************************************************. **************************.************************************************************************. ***************************************************************************  
   ***********************************************************************************************************.*******************************************************. **********************************************************************************.*********************************. ************************************************************************************. *******************************************************************************

175 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.


②’176 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.


177 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.

178 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.

179 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.

180 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?
(A) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(B) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(C) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
(D) xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.

こちらも一概には言えませんが、SPの最後はこんな感じに文章量は多いこと多いです。
もしくはDPでもこのぐらいの文章量です。

こんな時、どう解きますか?

僕はこんな感じです!



①設問と選択肢を読み、リテンションをしイメージ化を出来ればする。

リスニングの先読みをしていますよね? それと同じです!
多くの方がリスニングがリーディングよりスコアが高いと思いますので、太刀打ちできると思いつきました!
そして、日頃『リテンション』の訓練はしているのでリスニングを、リーディングに応用するという考え方です。

肝心な事を忘れないでください・・・・
この4択肢の中に答えがあります! ※もちろん直接的になっていることもありますが、たいてい言い換えられています。
※固有名詞などはそのままがヒントになる場合です。



②ある程度読む。

→すでに選択肢と設問が頭の片隅にあるので、本文を読んでいると『言いかえみーつけ!』となります。
→しかし、上手くいかない時もあります。そういう時は②’のように読み進めるか、もう一つの②’として次の設問と選択肢を読むのかという道に分かれます。

ようは、リスニングでやってる先読みのテクニックの延長上です。

設問自体はリスニング・リーディング似ていますので、可能です。

むしろ、英文がリスニングと違いあるのでやりやすいです。


※個人的見解です。





最後までお付き合いありがとうございます。

参考になったことを心より祈ります。



K

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(学生)へ
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ


応援よろしくお願いします!

プロフィール

K

Author:K
【著書】

こちらにて発売中!
【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、その日からサボる事なく勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく、気が向いたときに受験をしている程度です。仕事以外の時間ではを大学受験、大学入試教材(英文解釈)、英文法書、専門書を解いたり、読んでいます。スピーキングは社会人になってからはALTの先生に細かい文法や発音を直してもらっています。数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級(2016:1回目)
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。