記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読解力 苦戦中・・・

こんにちはKです。
いつもお世話になっております。

更新しません!と言いつつも更新をちゃっかりしています^^; なんかすみません(笑)

TOEICの受験票が届きました。いよいよって感じですね(*´Д`)

2月はテストイベントが無かったので心に穴が開いたかのようでしたw





最近は『多読と精読』に力を入れています。

多読では、英検の過去問の長文を全て読破しました。あとは繰り返しやって表現、語彙レベルまで落とし込むだけです。

当初は3月までに終わらせるつもりでしたが、1ヵ月少しかかってしまいました。
気を付けたところは、日本語訳→英語、英語→日本語訳で理解が出来るレベルまでになったので、あとは細かく読み続けます。


TOEICのPart7の正解率が1月の試験でグーッと伸びました。
※なんの自慢にもならず、師匠からは「Part7に力入れた割にそのアビメは・・・」と喝を入れて頂きました。
そう言って下さることがありがたいです。僕は感謝しています^^


でも、今までR1とR3が酷くて70%ちょいとかでした。。。それがR1:89% R2:100% R3:95%

読解能力は伸びたのかもしれませんが、以下の2つに気を付けました。
つまり、もしかしたら意識改革でスコアに変化があるかもしれません。

★解いている時は『無』になる。変な想像はせずに文字通りのイメージ像を脳内に投影して解く。

★そして『答えを否定する』本当にこの答えで良いのか?と疑って答えを否定して、確固たる根拠を見つけて解いていきます。




【TOEIC学習の気付きです。】👇

★Part5に関しては14分で終える=1問20秒以内

意外と1問20秒は長く、色々な見方が出来るなと、やってみて実感しました。

40問の中には即答できるものが何問かは必ずあるので、時間を調節しつつ本番切り抜けます。

★Part7に関しては55分を使い切る気持ち。早く解いて、優越感に浸らないwww




【精読の成果】

扱っているものは『いわゆる試験教材ではなく、ガチの英文です。言語学習者が読む資料などの一部です。』

なにが良いのかと疑問に思うかもしれませんが、圧倒的に英語の感覚が磨かれます。

The Study of Language より抜粋

 Furthermore, the faculty of language enters crucially into every aspect of human life, thought, and interaction. It is largely responsible for the fact that alone in the biological world, humans have a history, cultural evolution and diversity of any complexity and richness, even biological success in the technical sense that their numbers are huge. A Martian scientist observing the strange doings on Earth could hardly fail to be struck by the emergence and significance of this apparently unique form of intellectual organization. It is even more natural that the topic, with its many mysteries, should have stimulated the curiosity of those who seek to understand their own nature and their place within the wider world.


※こちら本文の1段落文です。この文をやり終わるのに約4時間以上はかかっています。もちろん脱線したりしていますが。


この文は言語能力について書かれていますが、色を付けたところを見て頂くと A Martian scientist というこの文章にはおかしい表現があります。こういうのがなぜ使われているのか考えるとわくわくしませんか??

「え、なんで火星?え、えええええ」  (注意 Kの心の中

こういうものは『英語の資格検定の文章を読んでいても中々出会える、学べる点ではないかなと思います。』


Q:ちなみになんで A Martian scientist なのかお分かりになるかたいらっしゃいますか??

あとは、on Earthこれも凄くないですか!? 今日初めて知りました! the を使わなくてもおKなんですよね!

僕はtheが必要と思ったのですが、この場合はEarthは固有名詞化されているからいいのだと、教授から教えて頂きました。 そしてgradableというらしい。



また続きは日を改めて。。。

こういうのに興味ある方ぜひコメントとかして頂けると嬉しいです。

わからない時に一緒に考えて欲しいです( ;∀;)






K
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

K

Author:K
【著書】


【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、コツコツ勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく気が向いたときに受験をしている程度です。

数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
※更新頻度が激減しました…。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。