記事一覧

ICEEを振り返ってと雑談(どうでもいい事w)

こんにちは!いつもお世話になっております。

いつもブログへの訪問、たくさんの拍手、
本当にありがとうございます(*^-^*)


皆様の温かい声援にさせられ、
今の今まで色々なことを続けられています<(_ _)>

拙著(コチラ)に関するメール・個人的なメールやブログのコメントにはすぐに対応できますのでお気軽にどうぞヽ( ・∀・)ノ




ICEE、超勉強になりました。

たくさんの上級者・同じ学生に出会えました。

そして、来年はTwitterで仲良くしてもらっている、人達も参戦するとのことです。
うん、楽しみ。

仲間の輪が広がっていくのを感じます。


田村さんと澤田先生のクロージング・スピーチ最高でした。



田村さん、「相手に耳を傾ける事の大切さ。」


澤田先生、「いかにネイティブに近い英語かではなくて、真に大切なのは、中身。」 
(※僕の解釈)


上田さんも、Twitterで、ある程度の英語力は確かに必要だけど、勝ち残るにはそれだけではダメ。

というような、ツイートをされていました。


奥が深いです。


僕は午前中で敗退しました。

Jet Bullさんに、「え、なんで!?落ちたの!?」
と、言ってもらえたのが超嬉しかったです。

Bullさん、ありがとうございます!


ディスカッションで人の意見を聞かなかったことなのかなぁ~
とひっそり反省。



でも、当然英語力も足りません。

引き続き頑張っていきたいと思います。




全く関係ないのですが、


昨日、アイエルツという英語の試験の面接官をされている人とお話をする機会がありました。
(イギリス人です。)


僕、全く知らなくて、日本国憲法第9条と安保について2人で意見を交換していた時に


話がずれて、英語資格の話になり、アイエルツの面接官だよ、と教えてくれました。


んで、驚いたことが2つ。


⑴ 最高点の9.0は意外と存在する。

あ、もちろん第二言語として英語を習得している人に9.0は中々いませんが、

移住関係で、ネイティブがアイエルツを受けると、9.0みたいですね。

僕、教養あるネイティブが9.0だと思っていたので、ネイティブなら意外と9.0ってあっさり取れるんですね。


僕の現状にスコアをつけると7.5

※全く正式なスコアではないのであてにはなりません、面接官にそう評価するといって頂いただけです。


この7.5というスコアが、スピーキングのみなのか、オーバーロールなのかわかりませんが。


このイギリス人の面接官、僕の英会話スクールの先生なんですよね。

当然、英語でしか会話したことないです。


多分、スピーキング7.5なのだと思いますが、嬉しかったです。

留学経験がなくても、こうやって評価を頂けるんだなって。

そして、目標の8.0にいくにはどうすれば?

と聞いたら、ひたすら喋れ、英語を話し続けろ!
んで、イディオムとかうまく使いなさい。

と、アドバイスもらいました。

でも、ノートに僕の間違えているポイントをまとめてくれました。




今学期は、英会話に通えるのでたくさんアウトプットしてきます(#^^#)


では、今から英会話行ってきます。

また夜にでも更新しようと思います。

K
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

K

Author:K
【著書】


【自己紹介】
2014年5月から英語学習を本格的に開始し、コツコツ勉強を続けています。
今現在は、資格試験に固執することもなく気が向いたときに受験をしている程度です。

数年かけてC2レベルに限りなく近づければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
※更新頻度が激減しました…。

【連絡先】
k.kodai.toeic@gmail.com
【目標】
TOEIC®:990点
TOEFL: 100点
【結果】
TOEIC®:950点(L495R455)
英検: 1級
IELTS: S 7.5以上(非公式)※
※IELTS面接官判定
Speaking: C1レベル判定(公式)※
※IELTS面接官在籍の某英会話学校テストより

31/08/2014オフ会に参加した日に

ここでの発言・記事は個人的なものであり、所属する組織団体とは一切関係ありません。

K